札幌市レーシックおすすめ眼科5選【※安い費用で評判も良いのは?】

*

札幌院の医師

札幌のレーシック眼科を徹底検証!

クリニックを選ぶ3つのポイント!
札幌でレーシックをするなら、必然的に候補は大手クリニックに絞られてきます。さらに、①技術力(および導入機器)、②適切な料金(技術力に見合っているか)、③アフターケアの3つをしっかり比べれば、あなたに最適なレーシッククリニックがわかってきます。

※クリニックを選ぶ際の注意点!
小さなレーシック眼科に決める前には注意する必要があります。小さな眼科は親身になって対応してくれるイメージがありますが、大手と比べると、導入しているマシンや経験症例数、料金などに大きな差があります。

 

 
 

札幌の最安レーシック料金比較!

費用計算
札幌クリニックの最安レーシックとその料金を比較しました。そもそも安い施術を設定していないクリニックもあって、価格差が出ています。
 
また札幌でレーシックが受けられるクリニックが減っているため、北海道内の別地域の眼科も掲載しています。
クリニック名 施術名 両眼料金
品川近視クリニック 品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円
中央メディカルクリニック レーシック 38万円
吉田眼科病院 アイレーシック 25万円
江口眼科病院 ウェーブフロントレーシック 30万円
旭川医科大学病院 レーシック 公開なし

(※料金変更もありえますので来院前は公式サイトをご確認ください。)

 
 
 

レーシック札幌ランキング

品川近視クリニック札幌院

★★★★★

おすすめNo.1
他の札幌のクリニックに比べて、総合的に頭一つ抜き出ている品川近視クリニック。札幌での最安値で高品質のイントラレーシックを受けることが可能です。世界最高水準のレーシックが札幌で受けられるのは幸運ですね。アフターケアも大手だからできる業界最高水準です。

施術名 料金(両眼、税抜)
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円(5年保証)
スタンダードZレーシック 20.4万円(8年保証)
アマリス750Zレーシック 29.7万円(10年保証)
クリスタルZレーシック 23.2万円(8年保証)
リレックス スマイル 29.6万円(3年保証)
レクスト 32.4万円(5年保証)
ラゼック/エピレーシック 16.5万円(3年保証)
適応検査 無料

品川近視クリニック札幌のWEB予約
当サイトが品川近視クリニックを勧める理由!

他のクリニックより、技術面でも料金面でも自信を持ってオススメできる品川近視クリニック札幌院。ネット上には誹謗中傷が書き込まれることもありますが、その噂が本当ならとっくにニュースで取り上げられています。実際には、総合的に品川近視を越えるレーシック眼科は見つけられません。最低限品川近視クリニックには足を運び、無料検査だけでも受けて違いを見てみましょう。

【住所】北海道札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45ビル2F
【診療時間】10:00~20:00、年中無休・完全予約制
【アクセス】JR札幌駅南口出口より西の方角に徒歩5分、地下鉄さっぽろ駅より徒歩3分。

医師紹介

札幌院 院長 関谷恵悟(日本眼科学会専門医)

品川近視クリニック札幌院の院長
レーシック3万症例を超える経験を生かします!
久しぶりに故郷の北海道に戻ってきました。食べ物も空気もおいしいです。東京では数多くの手術をして、たくさんの患者様に喜んでいただきました。北海道の皆様にも快適な見え方を実感していただきたいと思います。
(引用:https://www.shinagawa-lasik.com/

品川近視クリニック(札幌)

 
 

2位 中央メディカルクリニック
中央メディカルクリニック札幌院

★★★

まずまずおすすめ
中央メディカルクリニックはエキシマレーザーを使ったレーシックを提供。現在自分はレーシックを受けるべきか迷っている方や、どの術式のレーシックを行っているかは直接クリニックのLASIK専用電話でも相談できます。適応検査は3000円。

【住所】北海道札幌市中央区大通西五丁目 大五ビル1F
【診療時間】10:00~16:30(水土は10:00~14:30まで)
【アクセス①】地下鉄「大通駅」2番出口から90m北に徒歩2分
【アクセス②】地下鉄「大通駅」5番出口から140m西に徒歩2分
施術名 料金(両眼)
ウェーブフロント・レーシック 38万円
検査費用 3,000円

中央メディカルクリニック札幌

 

3位 誠心眼科病院
誠心眼科病院

★★★

まずまずおすすめ
詳しいレーシック情報などサイトでは非公開。公式サイトなどによる情報やレーシック手術の口コミがほとんどないため詳細は不明です。レーシックは、従来のケラトームレーシックの可能性もあります。必ず確認しておきましょう。※対応施術→ レーシック 両眼38万円(税込み39.9万円)

【住所】北海道札幌市東区北15条東18丁目1-15
【診療時間】9:00~12:30、14:30~17:30(木土は午前のみ、日休み)
【アクセス】地下鉄東豊線環状通東駅2番出口から徒歩10分

誠心眼科病院

 
 

北海道内の札幌以外のクリニック

 

王冠 江口眼科病院(函館市)
江口眼科病院

★★★

まずまずおすすめ
※注意:江口眼科病院は札幌ではなく函館の眼科です。ウェーブフロントレーシックを中心に施術を行っており、角膜が薄い方にはPRKも行っています。江口眼科病院は安心LASIKネットワークに加盟。江口病院長の診察は予約制になります。

【住所】北海道函館市末広町7番13号
【受付時間】平日7:30~16:30、土曜7:30~12:00、【休診日】日曜・祝日
【アクセス】市電十字街より徒歩1分

江口眼科病院

 

王冠 旭川医科大学病院(旭川市)
旭川医科大学病院(旭川市)

★★☆

確認が必要です
旭川医科大学の病院なので安心感はありますが、エキシマレーザー外来はメインで行っているわけではないので症例数は少ないです。また最新機器が導入されているかどうかも不明であり、公式サイトも全く更新されていないのでまずは話を聞きに行きましょう。

【住所】旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
【診療時間】8時30分から営業 【医師】科長:吉田晃敏
【アクセス】旭川駅前からバスで36分ほど

旭川医科大学病院

 
 
 

レーシックの後遺症について

レーシックのリスクは?

看護師札幌でレーシックを受けようと考える方は多いと思いますが、はやりひっかかるのはレーシック手術のリスクでしょう。
 

もちろん事前に医師が入念な検査や確認を行い、しっかりと説明を受けてインフォームド・コンセントする事にはなります。
 

しかしレーシックには全く100%完全にリスクがないとは言えません。どのような症状があるのか見ていきましょう。

ドライアイ

レーシック後の後遺症として一般的なのがドライアイです。
 

その原因はレーシック手術でフラップを作るときにレーザーや専用機器で切断する際、角膜にある神経の一部を切断してしまうことによって起きると言われています。
 

最近はレーザー機器の劇的な機能向上により少なくなる傾向です。

ハロ・グレア

ハロ・グレア

レーシックの合併症として一番起きやすいのがハロ・グレアです。
 

ハロは光を見たときに周りがぼわっとぼやけて見える症状で、グレアは光を見たときのまぶしさを感じる症状です。どちらも特に手術をしてから間もない時期から症状が出ます。
 

夜間の外出や車の運転などには支障が出やすいので、その対策としてサングラスなどを使用しましょう。口コミでもだいたい1~2ヵ月ほどの間に症状が和らいでいく方がほとんどです。

過矯正

過矯正とは、手術の際にあらかじめ計算された角度より多く矯正してしまい、近視から遠視になるなど調整が上手くいかなかったことが原因として起こる症状です。
 

このケースはレーシック手術の技術が向上している現在では特に心配は要らない後遺症であるともいえます。

乱視などの見え方の質の低下

ブレる視界

フラップの癒着や炎症やレーザー照射のずれなどにより、視界のかすみや乱視などが発生する可能性があります。
 

これもレーザー照射では起きにくいので、ほぼ大丈夫といえるでしょう。

まれに起こる合併症

まれに目が過敏であったり、また手術に何らかの問題があることで「角膜上皮下混濁、角膜細菌感染症、遠視、不正乱視、レグッション」などが症状として現われることもあります。
 

これらの合併症も、早期に異変に気づいて眼科で適切な処置を取ってもらえば改善していきます。
 

これらの症状は、レーシック前には医師から必ず説明があることであり、わりと一般的?ですが、レーザー機器の進化により年々症状が出る確率は低くなってきています。なるべく最新型の機器を使用しているクリニックをおすすめします。
 

 
 
 

札幌のレーシック体験談

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓
【体験談】札幌の品川近視クリニック体験談 アマリス750Zレーシック編
札幌のレーシック体験者

【体験談】あらき(34歳男性 プログラマー)

  • ・医院:品川近視クリニック(札幌院)
  • ・アマリス750Zレーシック
  • ・費用:27万円
  • ・1デイレーシック

 

レーシックを受けようと思ったきっかけ

自分は体質的にコンタクトがどうしてもつけられないので、小さい頃からずっとメガネで生活・仕事をしてきました。
 

小学5年生からずっとメガネをかけているのでそれが不便だと感じることも特に無く、レーシックを受ける直前は、裸眼では一人で知らない土地で電車に乗れないレベルの視力でしたが、まあしょうがないなあとそれを受け入れていました。
 

メガネ
 

レーシックを受けようと思ったきっかけはジョギングを始めたからです。メガネをかけてジョギングすると、どうしても足元が見づらいんですね。だからジョギング中にずっと下を見ながら走るような感じになってしまいました。
 

せっかくの綺麗な風景を楽しめないなあと残念に思っていたところ、同じジョギングサークルの人にレーシックを勧められたのがきっかけです。
 

カウンセリングを受けて悩む

まずWEBで申込み、品川近視クリニックの札幌院でカウンセリングを受けました。自分はコンタクトをつけるとどうも目が乾いてきて違和感を覚える体質だったので、レーシックも無理なんじゃないかと思っていたのですが、特段問題は無いとのこと。
 

不安だったので、通っていたかかりつけの眼科にもセカンドオピニオンを頂きましたが、レーシックを受けること自体に反対はしないというスタンスでした。
 

目にレーザーを当てるような手術ですし、恐怖感から一ヶ月ほど迷いましたが、快適にジョギングやスポーツをできるような生活への憧れからレーシックを受けることを決意しました。
 

あっという間の手術

手術って何となく何時間もかかるイメージあるじゃないですか。レーシックはびっくりするほどあっという間に終わります。拍子抜けするほど。
 

札幌院の施術室
 

緊張していたので具体的に何分ぐらいだったのかはわかりませんが「え、もう終わり?」って驚いたのを鮮明に覚えています。
 

カウンセリングの際に、事前に検査だけは受けていたので、当日は余計に迅速に手術を受けられたのもあるのかもしれません。
 

術後にPCモニタが眩しい

手術直後に悩みの種だったのが、PCモニタを見ると妙にまぶしく感じた点です。これは辛かった。なにしろプログラマとして一日中モニタを見ながら仕事しているので、モニタが眩しいってのはちょっと致命的なのです。
 

光が眩しいプログラマー
 

職場の上司に相談し、一時的に画面を見続ける仕事ではなくて仕様管理(紙に向かうような仕事だと思ってください)に所属を替えてもらったほど。
 

ただ「あくまで一時的な配置転換なので、もし今後も復帰できないなら会社として色々と考えなくてはならない」と辛い言葉をかけられてしまいました。
 

まあ会社・上司としては当然の判断だとは思いますが、まさかレーシックを受けて仕事に支障が出るとは思わなかったです。このときは絶望感で精神的にも参ってましたね。
 

術後2週間で元に戻る

すぐに病院(品川近視クリニック)にも連絡して診てもらいましたが、そのうち改善するから大丈夫だろうと言われました。
 

ほんとかな…と疑心暗鬼になりつつも、術後10日もすると急に眩しさが低減されて、2週間あたりで完全に以前のメガネをかけて見えていた状態に戻ってくれました!
 

この時は本当に嬉しかったですね。
 

レーシックを受けた後は自重していたジョギングも再開。裸眼で綺麗な風景を眺めながら走れることの喜びは何にも代えがたいものがあると思いました。足元への視野が広がったことで、山道を走るトレイルランニングにも手を出すように。
 

視力回復した札幌の風景
 

また札幌在住なので冬はスキーもやるのですが、裸眼だと快適さが10倍ぐらい違いますね。ゴーグルとメガネが干渉しないので本当に楽です。
 

お金はかけてでも裸眼の快適さを

品川近視クリニック札幌院は大手のクリニックさんのようなので(他のクリニックと比較はできないですが)、アフターフォローもしっかりされているような印象を受けます。眩しさで悩んだときは親身になって対応してくださりました。
 

レーシックは一生モノの手術ですから、多少お金がかかっても受けるだけの価値はあります。でも目にレーザーを当てるという手術ですから、自分のように異変が起きるリスクは全く無いとは言えないでしょう。
 

術後すぐに改善したからよかったものの、一生あの眩しさが付きまとっていたら…と考えると少し怖くなります。
 

特に自分のようにPCモニタをずっと見るような仕事の方はメリットとデメリットをよく考えて、慎重に決断してください。
 

結論!札幌の品川近視は結局どうなの?

良かった点は?
ソフトコンタクトをつけるのも無理だった自分が裸眼で生活できるようになった点。スポーツが快適にできるようになった点

微妙だった点は?
術後直後はパソコンのモニターやスマホの画面がとても眩しく感じた点。
 
右目: 施術前0.05→ 施術後1.0
左目: 施術前0.2→ 施術後1.4



品川近視クリニック札幌のWEB予約

目次へ戻る

【体験談】品川近視クリニック体験談② 35歳主婦

【体験談】モニターKさん(35歳主婦)

  • ・医院:品川近視クリニック(札幌)
  • ・施術:アマリス750Zレーシック
  • ・費用:モニター当選のため無料
  • ・時期:2013年1月頃

 

モニターに当選してラッキーでした

中学一年生から眼鏡を使い始めました。見た目が気になり、自信が持てなかったので、すぐにコンタクトを使い始めました。眼鏡をかけている時の、人の目が気になることは無くなったものの、一日の始まりはコンタクトをつけることから始まり、急な来客のときは慌ててコンタクトを着ける、というわずらわしい毎日でした。
 

そんな時、友人から話を聞き、品川近視クリニック札幌院のモニターに応募してみることに。当時モニターには三段階あり、手術費が三割引き、半額割り、そして全額割引です。
 

なんと私は全額割引のモニターに当選しました。でも、診断料が全額タダになるだけなのではないか、と半信半疑のまま札幌の品川近視クリニックへ。
 

説明を受けると、診察料、手術費すべて全額無料、ということでした。手術する機械によって、痛みや角膜へのダメージの少なさ、回復の早さなどに違いがあるようで、一番高いクラスの手術をお願いすることに決めました。
 

コンタクトをした目
 

角膜の厚さには、個人差があるようで、十分な厚さがない場合は手術できないこともある、と説明を受けました。私の場合、十分の厚さがあるので問題ないこと、ただ術後角膜の厚さを回復できる回復術があることを聞きました。
 

十分な厚さに回復していれば、再手術も可能になるということだったので、回復術も一緒に行ってもらうことにしました。こちらももちろん、モニターの割引適用内です。
 

診察費、手術費、回復術費、すべてあわせて64万円。これがすべて無料です。
 

レーシック手術前

札幌院の雰囲気はシンプルです。たくさんの患者さんを診療しているので、応対も説明も早く明快でした。自分の視力や目の状態、角膜の形などを検査されます。
 

実際、目の手術となると、不安な点もあります。体の他の部分であれば、麻酔をしてしまえば感じませんし、見えません。
 

ただ、目は、手術中自分の目で見えてしまう訳ですから。手術前にどんな手順で進むのか、手術後どんな感じになるのかよく説明してくださったので、不安が軽減されました。
 

さあ、手術開始

いよいよ、手術開始です。
 

まず、麻酔のための点眼をします。しばらくすると麻酔が効いてきたのか、目の感覚が鈍くなり、視点がぼやけてきます。まるで、水の中で目を開けているような状態でした。
 

次に、目をしっかり開けているため、手術器具が装着されます。レーザーで角膜をきり、ふたのように開かれます。そこにレーザーが照射されていきます。
 

この時に一瞬、目の前が真っ暗になり、盲目状態になりますが、ご心配いりません。レーザー照射が終わると、開かれていたふたが戻され、もとのように閉められます。
 

手術は数分で終わります。その後すぐには運転できません。少しクリニック内で休み、地下鉄で帰ることができました。
 

術後、目の黒めの周りがうっすらと赤く線がついていましたが、痛みはほとんど感じませんでした。まだ麻酔がきいているせいか、視界はぼやけています。
 

一日経ったほうが良いと、クリニックの人に言われたので、明日に期待して、早く休むことにしました。
 

手術翌日の感動は忘れならない

視力回復したイメージ
 

手術の次の日の感動は忘れられません。今までは、まず起きて眼鏡、あるいはコンタクトをつけないと1日が始まりませんでした。
 

でも、もう違います。目が覚めると、見えるんです!自分の部屋にあるものすべてが!
 

術後1週間は、日に日に視界がはっきりしていくのを感じることができます。黒目の周りにあった赤い線も消え、視力は1.2まで回復しました。
 

レーシック手術をもっと早く受ければよかったと思います。この手術は素晴らしいです。私の場合全額無料でしたが、この手術はお金をかけるとしても価値があると思います。
 

結論!品川の札幌院は結局どうなの?

良かった点は?
コンタクトやメガネから解放されたこと

微妙だった点は?
特になし。
 

右目:施術前0.03→ 施術後1.2
左目:施術前0.04→ 施術後1.2



公式サイト右上の【無料検査予約】からWEB予約が可能。希望の日時等を選択して送信で完了

目次へ戻る

【体験談】錦糸眼科の体験談 イントラレーシック編

※錦糸眼科は閉院しました。体験談はレーシックの参考として読んでください。
 

【体験談】Y.O.さん 29歳 男性会社員

  • ・医院:錦糸眼科(札幌院)
  • ・施術:イントラレーシック
  • ・費用:20万程度
  • ・時期:2008年4月頃

 

レーシックを行うに至った経緯

レーシック手術を受けたのは、メディアでも良く取り上げられそれが注目されていた時期でした。
 

私は、15歳の時に近視となり、以後18歳までは眼鏡を使用し、その後はコンタクトレンズを使用し生活していました。
 

成人祝いとして、長年眼鏡を使用してきた父親からのプレゼントがレーシック手術でした。
 

私は、父からレーシックとはどういったものかとう説明を受け、眼鏡やコンタクトレンズを使用する煩わしさから解放されるのであれば、こんなに気持ちのいい事はないと思い、手術を受けることを直ぐに決めました。
 

適応検査

錦糸眼科 札幌院手術を決意し、札幌の錦糸眼科に決めました。事前診察の予約を行うと、中々の盛況ぶりで受診までは一ヵ月ほどの時間を要しました。
 

事前診察の内容は、コンタクトレンズの処方箋を貰うときと同様な、視力検査や眼圧の検査でした。
 

その際、角膜の厚みを計る検査も行いました。
 

レーシック手術は、角膜が薄いと困難になるらしく、角膜はコンタクトレンズの長年使用による摩耗や、加齢が原因でどんどん薄くなっていくそうです。
 

よって手術を受けるなら、早い方がいい。
 

医師の説明

手術を受けることによって避けられる、眼鏡の買い替えやコンタクトレンズの買い足し等のランニングコスト。
 

等々、セールストークも含め、レーシックを受けることのメリットを病院側からしっかりと説明を受けました。
 

また誰もが気にするであろう、「術後、近視が再発する可能性はあるのか」という質問をしました。
 

先生の答えは、「近視が新たに発生することはあるが、戻るわけではない。」との事でした。
 

そもそも、近視の発症は、主に成長期にあり、成長期に伴う眼球の成長により起きるものだという説明。
 

そのため、手術可能年齢は、成人以降と設定されているようです。
 

また、先生から詳しい手術の流れや仕組み、安全性についてお話しいただきました。
 

先生自身もレーシック手術の経験者であり、体験談を含めたお話を頂けた事もあり、安心して手術を決めることが出来ました。
 

もし、先生が眼鏡をかけていたら全く信用できませんからね、、、。
 

手術当日。手術開始への流れ

イントラレースIFS

手術当日、札幌院へ向かうと、その日レーシック手術を受けるであろう数人が待合室に居ました。
 

歯医者で治療を待つような、”手術を受ける”と言っては大げさな雰囲気でした。
 

そこで再度、手術の流れの説明を受けました。
 

①点眼麻酔を用い
②角膜に切り込みを入れ
③角膜を剥がした瞳へレーザーを当て施術終了
 

との至って簡単な内容です。
 

その後待合室で、手術を行う際の安全対策や、他院の杜撰な手術例のビデオを鑑賞し、これから私たちが受ける手術が如何に安全か、という刷り込みをされました。
 

レーシック手術開始

手術の様子

歯医者のような待合室から奥へ通されると、まず丸椅子へ座らされ点眼麻酔を行いました。麻酔は点眼麻酔のみで行うとのことで、簡単すぎで少し不安になりました。
 

10数分後、大きな機械の横に寝かせられ、瞬きをしないために瞼を強制的に開いておくための器具を目に取り付けられました。
 

麻酔が効いているため痛みはないのですが、妙な圧迫感があり、不安に感じたのを覚えています。
 

次に、器具により開きっぱなしになった眼へ、大きな機械が被さりました。これは角膜に切り込みを入れている段階で、そのあと、切り込みを入れた角膜がめくられました。
 

あとは、赤いランプを見ていてください。との指示があり、赤いランプの点滅を見ているうちに手術は終了しました。
 

緊張はしましたが、あっというまに手術終了を告げられ、本当に簡単な手術だったのだと実感しました。
 

ただ、赤い点滅を眺めている際、髪の毛の燃える匂いがしたため、しっかり眼を焼かれてる実感を覚え少し怖かったのも事実です。。。
 

手術を終えた当日

意外にも、手術後はすぐに目を開けて大丈夫との事でした。
 

ただ、切り込みを入れてめくった角膜が完全に癒着するには2日ほどかかるらしく、風などの刺激でめくれてしまうことがあるためその日はゴーグルをして家に帰るようにと伝えられました。
 

絶対に目をこするなとも言われ、かなり怯えていました。
 

また、瞳孔も開いている状態らしく、眩しくてまともに目をあけていられなかったのを覚えています。
 

目を開けているのも辛いため、帰り際先生から言われた「明日起きたら、もういきなり見えるようになってるよ。」との言葉を胸に、その日は明るいうちから寝ることにしました。
 

術後の経過について

翌朝目を覚ますと、いつも通りの場所にある壁掛け時計の文字が鮮明に見えました。間違ってコンタクトをしたまま寝てしまった時とは違う、明らかなクリアな視界に感動しました。
 

こうして、裸眼で1.5の視力を取り戻したわけですが、術後しばらくは目の見え方に違和感がありました。
 

遠くの建物の輪郭や、運転中奥に見える木々の葉は、不気味なくらいはっきり見えるのに、パソコンや本、テレビのような中距離のものが見えずらかったのです。
 

見えないわけではないのですが、近すぎるような感覚で目を凝らさないと見えずらく感じました。
 

また、夜の光や、暗めの室内の電球等をみると、周りにモヤがかかったようにぼやけて見える現象が起きました。
 

これらの症状を、術後定期検診の際先生に伝えると実にフランクな答えが。。。
 

「最初はみんなそうだし、そのうち慣れるよ。」
 

そのうち慣れる?なんていい加減な答えだ。その時私はそう感じましたが、今は納得しています。慣れたのか良くなったのか、今はわからないのです。
 

元々こういう見え方だったっけな?よくわかんないけど、よく見えるからどうでもいいや。
 

今になって思うこと

術後の違和感が無くなる前に、元々の矯正視力での見え方を忘れてしまったのだと思います。
 

今となっては、矯正視力の見え方とレーシック後の見え方の違いはわかりません。というか、思い出せません。
 

ただ、自分が過去に近視だったことはもう忘れつつあり、家でテレビを見つつ寝落ちしても何も問題ない現状が当たり前であり、近視の人が羨む「目がいい人」として当たり前のように過ごしています。”
 

結論!錦糸眼科は結局どうなの?

良かった点は?
コンタクトレンズや眼鏡を使用する煩わしさや、それに伴うランニングコストが無くなった。

微妙だった点は?
術後、若干の副作用と見え方の違い。
 

右目:施術前0.1→ 施術後1.5
左目:施術前0.1→ 施術後1.5

目次へ戻る

 
 
 

レーシックよくある質問

↓ ↓ 質問をクリック ↓ ↓
【Q】レーシックに年齢制限はありますか?
レーシックはどのクリニックも18歳~60歳までの方が対象です。
 
ただし眼に問題がなければ、高齢の方でも手術を行う場合もありますので、クリニックの医師に相談してください。
【Q】レーシック後にまた近視に戻る可能性は?
基本的にレーシックの手術が原因となる近視の戻りは起こりません。これは角膜を削ってしまうという原理からいえることでで、もし近視に戻ってしまうとしたら、まったく別のところに原因があります。
 
レーシックを受けて視力回復しても、目を悪くする習慣が変わったわけではありません。暗いところで長い時間読書をしたり、テレビをずっと見続けたりすれば視力はまた低下してしまいます。
 
これはレーシックとは全く関係ありませんので、視力を保つのは普段の生活にかかっているということになります。
【Q】レーシック手術で切った角膜はくっつきますか?
レーシックで切った角膜は元通りにくっつくことはありません。
 
ではなぜレーシックで切っても平気なの?という疑問が浮かびますが、元通りにくっつかないにしてもある程度は定着するんですね。
 
これが手足や頭などなら、ある程度定着しただけならぶつけたりした弾みで剥がれてしまいそうですが、目にそのような強い衝撃を受けることはほとんどありませんから、元通りにくっついていなくても大丈夫なのです。
 
ごく稀に切った部分がずれてしまうこともありますが、その場合は眼科へ行けばすぐに元に戻してくれますので心配いりません。
【Q】手術中に目が動いて失敗しない?

レーシック手術では、開瞼器という目を開けて固定する器具を使って、目を開けたままにして手術を行います。
 
この時に「これを見ていて下さい」と基準の点が示されます。緑だったり赤だったりと機器によって違うのですが、その点をしっかりと見ていれば大丈夫です。
 
しかもレーシックのエキシマレーザー(角膜を削るレーザー)には、「アイトラッキング」というシステムがついており、視点が多少ゆらゆらしてもその動きを三次元の座標で追って、正確な位置を削れるようになっています。
 
しかしできるだけ安全に手術を終えるためにも、きちんと赤や緑のポイントを凝視していて下さいね。

【Q】アトピー性皮膚炎でもレーシックは受けられますか?
アトピー性皮膚炎の方も、基本的にはレーシック手術を受けることが可能です。
 
ただし、アトピー性皮膚炎によって新陳代謝の低下などの症状も出ている場合には、レーシック手術後の回復に通常よりも時間がかかってしまうことがあります。
 
アトピーに起因する結膜炎にかかっていたとしても、症状がひどくなければレーシック手術は可能です。ですが、やはりアトピーの症状があまりにひどくて、目にも異常が出ている場合には、レーシック手術ができない場合もあります。

 
 
 

レーシックの保険適用と医療費控除

費用の違いとその効果

レーシックの手術の費用はクリニックによって大きく異なります。しかし最近のマシンであればどのレーザーを使用しても、術後の視力に極端に大きな違いが出るわけではありません。
 

クリニックにより大きく価格が異なる理由のひとつには、治療機器によって高額な維持費がかかるからです。
 

ほぼ同じような結果が期待できるものでも、使うマシンが違うだけで、費用に10~20万円の差が生じてくる場合もあります。

レーシックは保険がききますか?

レーシックは自由診療で健康保険がききません。価格はクリニックが自由に設定しています。
 

そのためレーシック手術の種類や特性、費用についてよく理解してから、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
 

またレーシックは健康保険は適用外ですが、生命保険、医療保険に加入している人は手術給付金があるタイプなら、保険金が支給される可能性は高いです。
 

あとで後悔しないように必ず調べておいて、クリニックで診断書を書いてもらっておきましょう。

確定申告の医療費控除

レーシック手術は基本的に10万円以上する施術です。ですので確定申告の医療費控除で税金の還付が受けられます。
 

レーシック料金の領収書は必ず保存しておき、確定申告の際に提出してください。
 

手術費用はどれくらいかかりますか?
 
両目で10万円を切るところもありますが、施設によって両目で10万~50万円と幅があるのが現状です。ほとんどの場合、費用には手術費用の他に術前術後の検査費、診察費、薬剤費などが含まれています。
 
レーシックには健康保険が適用されないため、全額自己負担となりますが、負担を軽減することも可能です。
 
医療費が年間10万円以上かかった場合、確定申告の際に医療費控除の対象になります。管轄の税務署に問い合わせてみるとよいでしょう。
 
その他にも、生命保険加入者は入院給付金の数日分の金額を「手術給付金」として支給されることがあります。
 
ただし、以前はほとんどの生命保険でレーシツクが手術給付金の支給対象となっていましたが、最近では多くの生命保険会社がレーシックを給付対象から外しはじめています。直接保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。

出典:レーシックで失敗しない本(吉田憲次 著)

 
 
 

老眼治療 札幌のおすすめクリニック

老眼の男性

レーシックを希望する方の中には老眼治療も希望される方は多いです。老眼治療の施術には技術力のあるクリニックで行う必要があります。
 

品川近視クリニック 札幌院

品川近視クリニックの老眼治療

老眼治療でも品川近視クリニックは力を入れています。
 
ピンホール効果で遠くも近くも見やすくなる「リーディングアイ」。最新7次元レーシックと老眼治療を合わせた老眼治療「アマリス750リーディングアイ・プラス」も。
 
老眼の強弱に関係なく視力回復が見込めるため、とても魅力的な施術です。

老眼治療メニューと費用

施術名 料金(税抜)
リーディングアイ
(レーシックカメラ)
27.6万円(片眼)
レーシック後リーディングアイ 27.6万円(片眼)
リーティングアイ・プラス 29.7万円(両眼)
アマリス750リーディングアイ・プラス 39.9万円(両眼)
リーディングアイ・クリスタル 60.4万(両眼)
リーディングアイ・レクスト・ベスト 83.4万(両眼)
品川近視クリニック大阪院の詳細へ

 
 

主な老眼治療メニュー

リーディングアイ(レーシックカメラ)

最先端の治療法リーディングアイ。施術内容はまず、レーシック手術のフェムトセカンドレーザーで角膜ににカメラインレーを入れるフラップを作成し、フラップの下にカメラインレーを挿入します。ちなみに時間的には約十分程度です。

角膜内に挿入するカメラインレーは、コンタクトレンズよりも小さい黒いリングのような形をしています。

その中央には小さな穴が開き、それによりピンホール効果が生まれ、近くの物が見えるようになります。見た目に違和感もありません。

施術の条件は40歳以上であること。その他には、白内障や緑内障などの疾患がなく過去にレーシック施術を受けたことがないことや、適応検査を通過された方といった条件があります。

CK(Conductive Keratoplasty)

角膜周辺部に高周波を照射し、コラーゲンが収縮し、さらに角膜が急峻となり、それによる角膜屈折力が増すことで遠視を矯正したり、また老眼の方は、近くのものが見やすくなるように矯正をします。

この手術時間ですが10分程度で、しかも角膜の中心部には触れることはないので安全性が高いです。

モノビジョンレーシック

片方の目は遠くを見るように正視に矯正し、そしてもう片方の目は近くを見るよう少しだけ近視になるように矯正して度数を決定します。

モノビジョンレーシックは、通常のレーシックと同様の手術を行います。

老視矯正レーシック

こちらもモノビジョンレーシックと同様に、通常のレーシックと同じ手術を行います。

エキシマレーザーと呼ばれる照射を使用して、角膜の切除直径と矯正量を何段階かに分けながら、角膜の形状を、遠近両用のコンタクトレンズの様な形へと矯正します。

これらのどの治療法も、主に片目とのバランスを崩して遠近を得ようとする施術が多いのが特徴といえます。もちろん、最新の「レーシックカメラ」も片目使用です。

 
 
 

【※注意】閉院した札幌のクリニック

【※閉院】神戸神奈川アイクリニック 札幌院
アフターケアの評判がいい神戸神奈川アイクリニック。口コミを見ると品川近視クリニックで不適合となった方にも、相談にのってくれるようです。料金が高いのが残念ですが、価格競争に加わらず付加価値を模索中かもしれません。

【住所】北海道札幌市中央区南1条西4-20-5 札幌エスワンビル3F

【※閉院】錦糸眼科 札幌院
レーシックのパイオニア眼科として昔から知名度が高い錦糸眼科。品川近視クリニックなどに抜かれてついに料金値下げを敢行。ただフェムトレーザーレーシックは18万~と安そうに見えるが、これは軽度近視の場合。近視がひどいほどASモード、TSモードなど料金は高くなるので注意。

【住所】北海道札幌市北区北七条西2-20 東京建物ビル3F

目次へ戻る
 


error: Content is protected !!