レーシック業界の現状

*

レーシック業界の現状

LINEで送る
Pocket

近年の業界動向

看護師レーシックは、2000年に厚生労働省によって、認可された手術法です。
 

それ以来、簡単に手術が受けられる、メガネやコンタクトいらずで生活できることが話題になって、年々症例数は増加しています。また311の震災以降も、レーシック希望者が増えています。
 

2000年当時は、5万件もなかった症例数が、2008年には、40万症例を突破。
 

そして2019年には350万症例を突破し、品川近視クリニックだけでも125万症例以上となっています。
 

レーシックですが、最近では手術の技術もかなり向上しています。なぜかというと機器などが新しいものが登場をして、より精度がましたことが関係しています。
 
 

レーザー照射の自動化

たとえば、ウェーブフロントレーザーという機器も登場しています。ウェーブフロントレーザーは、ここで異なる角膜の形状をスキャンします。そのうえで、その角膜の形状に最適なレーザーの照射を自動的に行ってくれます。
 

このためより安全にかつ、確実な視力向上が望めます。ウェーブフロントレーザーの登場によって、視力1.0以上に回復をする割合もアップしています。
 

ほかにも、フェムトセカンドレーザーの登場も、レーシックの技術向上に寄与しています。
 

レーシック手術では、角膜のところにフラップと呼ばれる、ふたを作る工程があります。この蓋をつくるときに、フェムトセカンドレーザーが使われます。
 

コンピュータープログラミングによる制御が可能でより安定をした、しかも薄いフラップをつくることが可能になりました。このように最新鋭の機器が次々と登場することによって、より確実性の高い手術を行うことが可能になっています。
 

レーシック業界の現状関連ページ

札幌で日帰り1日レーシックするならどこ?
目次 希望者が多い1日レーシックとは?札幌で1日レーシックに対応している眼科は?両目で20分程度で完了してしま […]
レーシック札幌市の料金比較!人気クリニックで安いのは?
札幌市の人気3クリニックの料金を比較!     札幌No.1人気 >> 品川近視クリニック […]
レーシックには保険が使えるの?
目次 保険適用されるかの結果を紹介任意保険ではレーシックでも給付金が受け取れることが多い早い段階で任意保険に加 […]