従来のレーシックとイントラレーシックの違い

*

従来のレーシックとイントラレーシックの違い


イントラレーシックとは

イントラレーシックは、現在のレーシック手術の中では主流となっている方式です。いわゆる普通のレーシックとの違いは、フラップの作り方にあります。
 
 

フラップとは

レーシックでは角膜を削りますが、いきなり角膜を削るわけではなく、角膜の表面を薄くはがして「フタ」のようにして、その下を削った後、一番上の角膜を戻します。
 

何故こんなことをするかというと、感染症を防ぐためや光の乱反射を最低限にするためでもあります。この角膜に作る「フタ」のことをフラップと呼びます。
 
 

フラップの作り方

イントラレーシックと普通のレーシックは、このフラップの作り方が異なります。
 

▼普通のレーシック
→マイクロケラトームという刃物で角膜の表面に切り込みを入れる
 

▼イントラレーシック
→イントラレーザーで角膜に切れ目を入れる
 

イントラレーシックの方がレーザーですので精密な加工が可能で切れ目もきれいですので、術後の光の反射も最低限に押さえられます。また、普通のレーシックに比べてフラップを薄く作ることも出来るため、それだけ多く角膜が残りますので、再手術などに対しても柔軟に対応しやすくなります。
 
 

スーパーイントラレーシック、プレミアイントラレーシックとは?

クリニックによっては、イントラレーシックに様々な名前を付けていますが、方式としては一般的なイントラレーシックと変わるものではありません。

 

ただレーシックの世界や機器は日々進歩していますので、イントラレーシックも進化を続けており、機材によっては「さらに精密に」「さらに薄く」ということが可能になることもあります。
 

そうした最新鋭の機材が入っているのかどうか、クリニックに確認してみるのもいいでしょう。
 

従来のレーシックとイントラレーシックの違い関連ページ

アイレーシックの費用と失敗!メリットとデメリット
目にトラブルがある方も手術が可能に?! アイレーシック(iLASIK)とは、レーシック手術の中でもFSレーザー […]